加齢臭を悪化させる食べ物

加齢臭を悪化させる食べ物

 

 

体臭同様、加齢臭も日々の食事内容の影響を大きく受けます。ついつい取りすぎてしまう食品が実は加齢臭を強くしている…ということもあるかもしれません。今回は加齢臭予防にぜひ気をつけたい食品について紹介します。

 

肉類

 

海外の研究機関が肉中心の食事の人と粗食の人の汗を比較したところ、肉中心の食事の人は粗食の人より汗のにおいが強くなることが分かっています。

 

カレーと香辛料

 

カレーやそれに含まれる香辛料はインド料理には欠かせませんが、これらを多く食べると毛穴からにおいが出るため、加齢臭の原因になります。

 

ニンニク

 

ニンニクは口臭の原因としてよく知られていますが、これはニンニクがすり潰された時にアリシンという化合物が発生するからです。体内で分解されたアリシンが汗と混ざると加齢臭の原因になります。

 

アスパラガス

 

アスパラガスにはメチルメルカプタンという硫化化合物が含まれており、小腸内で分解されるとにおいが発生します。この物質は特に尿や口臭に強く出ます。

 

アブラナ科の野菜(ブロッコリー、キャベツなど)

 

アブラナ科の野菜は栄養豊富で抗酸化作用や抗ガン作用があります。健康のために摂取する方が望ましいですが、この種の野菜には硫化硫黄が含まれているため加齢臭が強く出やくなります。

 

玉ねぎ

 

玉ねぎは普段からよく使われる食材ですが、アスパラガス同様玉ねぎもアリシンを含みます。アリシンは体内で消化後血流に乗って肺へ到達し口臭の原因となります。しかし玉ねぎの場合は、火を通すことでこの成分を取り除くことが出来ます。

 

食物繊維を豊富な食品

 

食物繊維は汗のにおいを増幅するだけでなく、水素や二酸化炭素、メタンを含みます。これらは大腸で吸収され加齢臭となって体外へ排出されます。

 

ドリアン

 

最も臭い果物として有名ですが、ドリアンに含まれるエステルやケトンといった硫化化合物が体内で互いに作用すると強い体臭が発生します。

 

コーヒー

 

コーヒーに含まれるカフェインは、中枢神経を刺激し汗腺の働きを活発にするほか、コーヒーを飲むと喉が渇きやすくなるため口腔内の細菌や硫化化合物が増え、口臭を引き起こします。