女性の加齢臭

女性の加齢臭

 

 

加齢臭はもともと体臭を気にする女性が使う体臭関連の商品を研究する中で見つかった物質であり、男性に限ったものではありません。ただ女性は男性に比べて加齢臭の原因物質が作られ始める時期が遅く、においが比較的弱いこともあり、加齢臭は男性特有のものであるという誤解が少なくありません。また男性は汗や皮脂といった代謝物質が女性よりも多く分泌されるため、一般的に女性よりも体臭がきついと言えます。

 

ホルモンと加齢臭

 

男性ホルモンは皮脂腺を発達させる働きがあり、その結果大量のパルミトレイン酸が分泌されます。皮膚表面へ押し出されたパルミトレイン酸は空気に触れ酸化すると、加齢臭の原因物質ノネナールを大量に作り出し強い体臭となります。一方女性ホルモンには脂肪酸を酸化しにくい物質に変える働きがあるため、これも女性に加齢臭を感じさせにくい原因の一つになっています。

 

女性が加齢臭を感じるのはいつから?

 

これまで中年男性独特のにおいと思われてきた加齢臭ですが、女性も35歳を過ぎたころから少しずつ出始めます。女性はもともと男性よりも皮脂の分泌量が多く、それが女性ホルモンによってうまく保たれている状態ですが、お肌の曲がり角とも卵巣の老化の始まりともいわれる35歳を境に女性ホルモンは減少し始めます。するとこれまで劣勢だった男性ホルモンが活性化し、皮脂が過剰に分泌されて男性のように加齢臭が発生するようになるのです。

 

このほか若いうちは体内の抗酸化物質が細胞の酸化を防いでいたのが、40歳を超えると抗酸化作用が弱まり、細胞が簡単に酸化しやすくなります。皮脂腺付近の細胞の酸化が進むと加齢臭が強くなることも分かっています。

 

いくつになっても身だしなみは気にしていたいものです。男性に限らず女性も35歳を過ぎたら加齢臭のケアが必要なのかもしれません。