どう消す?部屋の加齢臭

どう消す?部屋の加齢臭

 

 

身体を清潔に保ち、服は丁寧に洗濯、食べる物にも注意したのにまだ加齢臭がするという場合は、部屋に加齢臭が残っている可能性があります。 部屋に染みついた加齢臭はどのように解消すればよいのでしょうか。今回は置くだけで簡単に試せる加齢臭の撃退法を紹介します。

 

 

洗面器にコップ1杯の酢(200ml)を入れ、上から水を洗面器いっぱいになるよう入れます。これを風通しを良くした部屋に置きます。この時クローゼットの扉は開けておいて下さい。

 

パイナップル

 

果物は爽やかな香りを放つため、少し買って置いておくと消臭効果があります。中でもパイナップルは効果が強いため、部屋に定位置を決めて1つ、クローゼットにも1つ置くようにします。ウォークインクローゼットなら2つ置くことをお勧めします。

 

パイナップルに含まれる粗繊維は、加齢臭のほかペンキやホルムアルデヒドのにおいもすばやく吸収し、心地よい香りを発するため一石二鳥と言われます。ただしパイナップルは熟れすぎると異臭の原因になるため、置く期間に注意します。

 

パラミツ(ジャックフルーツ)

 

あまり聞き慣れませんが、東南アジア原産の果物で日本では夏に流通します。香りが強く、パイナップル同様置くだけで加齢臭や化学塗料のにおいを吸収し、その効果は数日で現れます。

 

お茶

 

クローゼットの加齢臭が特に強い場合はお茶も有効です。中の服を全て出し、大きめの器にお茶をたっぷり入れ、クローゼットの扉を閉めて一晩置きます。服を出す手間がありますが、加齢臭は比較的早く吸収されます。

 

以上の方法で染みついた加齢臭を撃退しましょう。