加齢臭サプリ〜くさい不快な年齢臭が気になる方必見〜

加齢臭を抑えるサプリ

加齢臭は男性のイメージですが、40歳を過ぎると男女ともに発生します。普段は女性ホルモンの作用で発生が抑えられて女性は臭いにくいのです。ホルモンバランスが乱れたり更年期になると、男性と同様のケアが必要に!

 

ケアの基本は、臭いの素「ノネナール」防止に皮脂を酸化前に洗い流すこと。皮脂分泌が多い、耳の後ろ・背中・胸は特に念入りに、ふき取るだけでもOKです。また、体の中から加齢臭を消してくれるサプリもおすすめ。口臭・便臭・体臭など、加齢(酸化)からくるニオイ全てに対応します。おすすめサプリ、ぜひご覧ください。

 

臭ピタッ!の特徴

森のフィトンチッド効果を活かした加齢臭サプリです。体からの色々な臭いを、有用成分が直接アプローチしてストップ。体の隅々まで広がり吸収されることで、口臭・便臭・体臭にも効果を発揮します。さらに気化して体の外に広がり、無臭のバリアのように効果を持続させます。色々な臭いに対応するために、シソの葉、柿の葉、山椒、熊笹、緑茶葉など14種の有用成分を凝縮。多くの人が3日以内に、その効果を実感!1日1粒で加齢臭しらず。

価格 1,080円
評価 評価5
備考 14種の有用成分を凝縮

 

メンズデオ8400の特徴

臭いの素を内側から消すサプリです。シャンピニオンエキス、柿渋エキス、緑茶エキス、鉄クロロフィリンナトリウム配合。さらにフラクトオリゴ糖をプラス。加齢とともに乱れがちな腸内環境を整え、体臭・便臭を防止して口臭も消してくれます。1日めやす2粒。3日目あたりから臭いの違いを感じる人も。清潔にしているつもりなのに臭うという方を、体の中から整えます。

価格 990円
評価 評価4
備考 シャンピニオ、柿渋、緑茶エキス・オリゴ糖

 

パクチーエナジーゴールドの特徴

体の酸化を抑えるパクチーを使った加齢臭サプリです。活性酸素が増えて体が酸化することが、老化や加齢臭の発生につながります。そこでパクチーを使って活性酸素の働きを抑えて、スッキリ爽快に。好き嫌いの多いパクチーを、飲みやすく続けやすいサプリにしています。1日めやす2粒。1週間で枕の臭いに変化を感じている人が。加齢にともなう体臭が気になっている方におすすめです。

価格 1,899円
評価 評価3
備考 パクチー

 

加齢臭はどこから臭う?

 

加齢臭というのは、毛穴の奥の方にある皮脂腺部分から分泌されている皮脂に含まれる不飽和脂肪酸9−ヘキサデセン酸というものが酸化および分解されたことにより発生します。毛穴がある場所には、必ず皮脂腺が存在します。

 

そして、そこから分泌されている物質によって加齢臭が作られていくわけです。毛穴は足の裏と手のひらを除いた私たちの体の全部にあります。ですから、加齢臭も体全体から発生する可能性があるといっても過言ではないでしょう。

 

でも、体の部位によっては加齢臭が強く発生してしまう場所とそれほど強く発生しない場所があります。
その違いとはいったい何でしょうか。それは、皮脂が分泌されている量の違いにあります。皮脂腺の活動がとても活発であり、皮脂の分泌量がとても多い部位については加齢臭が非常に強く、そうではない部位については加齢臭も弱いのです。

 

では、皮脂腺が盛んに活動し、加齢臭を強く発生させている場所はいったい何処でしょうか。それば、頭部や耳の後ろそして小鼻の脇、わきの下、胸、背中等が挙げられます。

 

中でも特に強く発生するのは耳の後ろや小鼻の脇です。一日の終わりや入浴する前のタイミングなどにこの2箇所について指で擦ってみてください。指先が脂でテカテカになってしまうことがあります。それは、それだけ皮脂の量が多い証拠なのです。

 

加齢臭を軽減させたい場合はどうすればいいのでしょうか。それにはまず、体全体を出来る限り清潔に保つ事が重要です。加齢臭が強く発生してしまう部位については、特に清潔に保たなければなりません。でも、頭では分かっていても、なかなかそれを常に実行することは難しいですよね。

 

まずは自分の出来る範囲でいいので実践していきましょう。時間がぽっかり空いた時などに顔や耳のまわりを濡らしたタオルやウェットティシュ等で拭くだけでも臭い抑えることができます。

 

加齢臭対策というのは、けして無理して行うものではないのです。自分が今出来る範囲内で、なるべくストレスを感じないように持続していく事が大切なのです。

 

加齢臭は普通の体臭、わきがと違う!

 

自分の体からの臭いには、ワキガや汗臭、体臭、加齢臭といったものがあります。この4つの区別はできるでしょうか。できない人の方が多いだろうと思います。

 

ワキガと汗臭についてはどちらも汗が原因となります。でも、汗腺が実は違っていたんです。汗が原因となって臭ってしまうものについては、ワキガと汗臭となります。人間の体は、汗腺という汗を出すものが全身に存在します。汗腺には実は2種類あり、エクリン腺とアポクリン腺と呼ばれるものです。エクリン腺は、全身のいたるところにあるようなのですが、アポクリン腺については、腋の下、あるいはへそ周辺、そして乳首や肛門、性器の周辺といったように体の一部分にしかないようです。

 

エクリン腺から出る汗は、運動をしている際にいっきに出てくるような汗になります。出た直後というのはあまり臭うことがないようです。但し、だからといってそれをそのままにしておいてしまうと、雑菌が繁殖してしまいます。これがいわゆる汗臭です。

 

もう一方のアポクリン腺から出る汗は、粘り気があり、塩分はほとんど含まれていません。塩分がないゆえに、雑菌が非常に繁殖しやすい状態です。この汗が発酵してしまうと、ワキガの臭いとなってしまいます。

 

では、加齢臭どうでしょう。こちらは汗が原因ではありません。皮脂が酸化してしまい、「ノネナール」という物質に変わってしまった結果、臭うようになります。男性であれば40歳以降、女性であれば閉経前後くらいから発生するようになるみたいです。ノネナールが酸化するのは、体が持つ抗酸化力が衰えてくるのが原因のようです。

 

加齢臭を抑えるには?

 

ご家族の加齢臭で悩んでいるという女性は案外いるようです。雑誌などでもこういった悩みについて掲載されているのをよく見ます。そんな嫌な加齢臭ですが、いったいどのようにして臭いを消したらよいのでしょうか。

 

まず、最初になんとかしたいのは、寝る時に使う枕やシーツ、そしてパジャマです。加齢臭が普段どんな時に気になるでしょうか。日中、普通に過ごしている間というのは実はそれほど気にならないですよね。

 

人と接する時にはある程度距離を保っていればいいわけですから。でも、夜にベッドに入ってからもし臭っていたとしたら、かなり耐え難いだろうと思います。寝ている間や目覚めた時に加齢臭が気になり始めると、その日は一日中嫌な気分で過ごさなければならなくなります。

 

そんな理由からおすすめしたいのは、シーツや枕カバー、パジャマについた加齢臭をきちんと消してしまうことなのです。加齢臭専用の洗剤等を使ってしまうとかなり効果があります。

 

そして、寝具の次になんとかしたいのは頭皮の臭いです。私たちの体のどこから加齢臭が臭うのでしょうか。最もケアしなければならない場所は、頭皮や耳の後ろ、顔のTゾーンです。意外かもしれませんが、脇の下ではありません。

 

加齢臭というのは、普通の汗のにおいのように制汗デオドラントスプレーが効きません。臭いが発生するメカニズムが全く違うのです。加齢臭の原因となるのは皮脂から分泌されている皮脂が酸化してできたノネナールという物質なのです。

 

それゆえに、皮脂が多く分泌されているところこそ気にするべきなのです。そして、その場所というのが頭皮や耳の後ろ、顔のTゾーンというわけです。その中でも一番皮脂の分泌量が多いのは頭皮となります。ここの部分の加齢臭をしっかり落としておかなければ、きれいに洗った枕も、また加齢臭満載となってしまうのです。

 

加齢臭対策に摂りたい食べ物、栄養

 

加齢臭が気になる年齢になってきたら、その対策をあれこれ考えるだろうと思います。ニオイの元となっている活性酸素の量を少なく抑えてしまう事がとても重要です。加齢臭は脂肪酸と過酸化脂質の2つが結びついたことにより発生します。

 

過酸化脂質がどんな時に増えるかというと、体内で活性酸素がたくさん発生してしまった時のようです。活性酸素の量増減は、加齢臭の強弱と深く関わっているのです。活性酸素を抑制する事により、ニオイの原因物質となるものが減っていき、加齢臭を防げるのです。

 

では、活性酸素を抑制するにはいったいどうすればよいのでしょうか。それはズバリ、食生活の改善です。野菜や果物類にはビタミンCやビタミンEがたくさん含まれています。

 

これらには「抗酸化作用」があるのです。この働きは加齢臭の元となっている活性酸素を抑えてくれます。ビタミンC・Eをたくさん含む食べ物を多く摂取する事により、活性酸素を抑制し、加齢臭を防ぐことができるのです。

 

では、抗酸化作用のあるビタミンCが含まれている食べ物にはどんなものがあるでしょうか。代表的なものは、野菜と果物です。トマトや春菊、ニラ、チンゲン菜、ほうれん草、ピーマンなどがそうです。また、みかんやグレープフルーツ、メロン、レモン、・キウイ、イチゴ等もそうです。

 

抗酸化作用の働きのあるビタミンEが含まている食べ物は、野菜やや果物、そして魚介類となります。野菜であれば、春菊やほうれん草、竹の子、かぼちゃ、サツマイモなどが挙げられます。果物なら、ブルーベリーやキウイ、プルーン等です。魚介類なら、マグロやホタテ、ブリ、秋刀魚、サバなどです。

 

たばこは加齢臭をきつくする

 

タバコは百害あって一利なしと言われる趣向品です。タバコの臭いは独特なものであり、普段からタバコを吸わない人は特に敏感に反応するのではないでしょうか。タバコの臭いは髪の毛や服、体に染み付いてしまうのでこれが体臭の原因になってしまうことがあり注意が必要です。

 

タバコの臭いそのものも臭いが強いのですが体臭と混ざることで更に不快な臭いになってしまいます。タバコ吸っている人はタバコの臭いが特に気にならないのは臭いに鈍感にmなっているからで、禁煙をすると食べ物が美味しくなるといったことを聞きますが、あれは味覚が変化したのではなく嗅覚が正常に戻ったから食べ物の臭いをより嗅ぐことができるようになり美味しく感じられるようになっている状態です。つまり臭いに鈍感になっている状態で体臭や加齢臭に気づくことは難しいですね。

 

体内の酸化を促進する活性酸素を発生させる原因の一つが喫煙であり、タバコを一本吸うと体内のビタミンCはなんと100ミリグラムも破壊されてしまうので活性酸素を除去するビタミンCを自ら壊してしまい美容や健康の維持に禁煙は欠かせないものとなっているのです。体臭や加齢臭の予防や改善にも禁煙は必要不可欠なものであり、健康、美容、加齢臭、経済的な負担などを考えると禁煙に取り組もうという気持ちも出て来るのではないでしょうか。

 

自分で禁煙をするのが難しい場合には禁煙外来などで専門医の指導のもと禁煙をすることが出来ます。

更新履歴